新築の一戸建てについて

最近では30代の若い世代の方も新築一戸建てを購入する方も増えてきています。
各金融も低金利の住宅ローンを提供しているのもあり、昔よりも一戸建て新築を購入するハードルが低くなっている状況です。

何十年も毎月賃貸で家賃を払い続けるというのを考えた時に、毎月の賃貸料を新築に支払いすることと同じことでもあり、自分の持ち家として持つ方がメリットは高いと思います。

ただし、固定資産税や管理費というのも自分で支払い、管理をしなければいけなくなるので注意が必要です。
年間の維持費も考えたうえで、毎月の支払額は検討して返済金額を決めれば、無理なく一戸建てを持つことができます。



またもし夫の仕事の転勤など、引越しが必要になった際は、賃貸として貸し出せば家賃収入も得ることが出来るので、収入分を返済にあてることも出来ると思います。
特に小さい子供のいる家庭や、ペットのいる家庭では、マンションや賃貸だあれば近所の騒音や家の補修など考えなければいけなくなり、気を使わなければいけません。

自分の一戸建てなら、周囲の目も気にせず自分のライフスタイルを満喫することができるので、より長く生活を楽しむことが出来ます。

また庭など自分が生活したい空間を、設計から検討すれば、より快適に趣味なども楽しみながら生活を送ることが出来ます。



最近、家庭菜園など庭でしている方も多く、野菜など収穫ができれば食費も節約することもできるので、趣味を活かした経済的な生活も送ることができます。